2007年10月28日

我が家のペット牛

先日、ドイツに行ったときに、
牛をつい連れ帰ってしまった。
IMGP0301.jpg

草も食べず、うんこもせず、つまり乳も出してくれないミニな牛である。
IMGP0305.jpg

このあたりは、いかにも乳量が多そうな、立派な血管を持っているのだが。
IMGP0304.jpg

でも、滅多に見られない、こんな角度の姿も見せてくれるから、
よしとしとこうか。
IMGP0303.jpg

おおっと。
この角度、懐かしいじゃないか。
ここ最近は、ついぞ見られなくなったなぁ。
もう恋しくて恋しくて。
IMGP0306.jpg

ちなみにこの牛、巨大なのだ。
ボーイング747型機と比べてもこのとおり。
広い我が家でも、さすがにこの大きさでは、まいってしまう。
IMGP0311.jpg

つうか、はるばるドイツまで行って、
自分へのお土産が、飛行機と牛のフィギュア……って、どうなんだ!?私。
posted by ヨーコ at 11:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

牛のいない北海道…これはいかに!?

そういえばそういえばそういえば!
今回帯広に2日間いたのだが…。

牛を見てな〜〜い!!

帯広空港からばんえい競馬会場までの道、あとは帯広市街地しか通っていないのだから仕方ないといえば仕方ないのだが。

延々と続く畑作地帯。
あれに見えるは…牛舎じゃないか。
しかーし牛の姿は見えない。
牧草地も時々見える。
しかーし放牧牛はいない。

むんー。
フテ寝しちゃえ…。

目が覚めたら、同行していた後輩君が、
「足も投げ出して寝そべっている牛がいましたよ。
 あれ大丈夫なんすかね?」
…って…牛いたんかーい!
大丈夫だよぅ(泣)

しかたない。
馬でガマンしてやるかー。
ってなわけで、巨大なばん馬ちゃんたちを撮影。
PICT6862.jpg

早朝撮影にも連れて行ってくれたので、なかなかイイカンジになったとさ♪
PICT7076.jpg
posted by ヨーコ at 20:49| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

いたーーーー!!

今月のはじめに、母親とドイツ旅行に行った。
20年くらい前に、父親の仕事の都合で、一家で3年間住んでいたということもあって、おさらいのような気分の旅行であった。

当時私は4歳〜7歳。
記憶はおぼろげ〜〜〜にしかないのだが、町のにおいや色をよく覚えていた。

今回は、当時住んでいたところよりずっと南の地方を巡るツアーであった。

バスに乗り込んで窓から景色を眺めていると…。
んんん?
なんか見たことのある景色が…。

当時の記憶ではない。
つい1ヶ月ほど前まで毎日見ていた景色である。

そう、ドイツの農村地帯は、
北海道、しかも根釧地方の景色にそっくり!!

だだ広い大地。
たまに防風林。
霧が低く立ち込め、そこにいるのは…

PICT6737.jpg

いたーーーーー!!
posted by ヨーコ at 02:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。