2006年07月27日

理性 VS 思い立ったが吉日ダマシイ

現在、私はある大手出版社でアルバイト生活をしている。
契約は2年。
2007年の4月までである。

「社会を経験する」という理由でこの会社に入り、
2年間はおとなしく修行しようと考えていた。
当初、人間の一生の中で2年間なんてちょろいちょろい。
勉強するには丁度良いんじゃないかと考えていた。

しかし実際、1年と経たないうちに、次にやりたいことができてしまった。
それが酪農だった。

あの北海道の「女性専用宿舎で酪農体験実習生募集」
というホームページを見つけたのが、今年の1月。
もし仮に2年間仕事を全うしてから北海道に行くとなると、
ゆうに1年3ヶ月後!

…これは人間の一生の中では短いことかもしれない。
ただ、私が23歳と24歳である時間はたった一回しかない。
これは長い。

それでも理性が「ちゃんと仕事しろー!」
って叫んでやまない。
その間に同僚の退職、新人さんに入社があったりして、ますます辞めるどころの状況じゃない。
軍配は理性に上がった。
それから半年間、わたしの「北海道熱」は体の中でふつふつし続けながら、抑え込まれることになった。

以前の記事
ことのはじまり


posted by ヨーコ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。