2006年10月12日

いたたたた

昨日、牛の横腹に背を向けるかっこうで立っていたら、後ろから強烈な横蹴りをくらった。
膝の裏を蹴られたため、「ひざカックン」の状態で崩れ落ちるときに左の足首をひねって軽く捻挫。

いっっった〜〜〜……くぅ…。
前の牛に蹴られるとか踏まれるということはあっても、後ろから蹴りが入るとは予測していなかったぞ…。

仕事始めて3週間が経過し、油断というか、たるみが出てきたのだろうか。
最近牛によく蹴られるし、暴れられる。
子牛にはなつかれているんだけどな…。

最初の頃に「牛怖くない?」ときかれて、
「まだ蹴られたりしていないから怖くないけど、そのうち何かされたらどうなるかわからない」
と答えていたが、実際蹴られてみての感想は、
「……どうだろう?……」

痛いところを踏まれるのは嫌だから今はびくびくしているけど、嫌いにはならない…かな。
牛が嫌がるってことは、こっちがなんかしたからなんだろな。
つうことは非はこちらにあるわけで。
だから最近よく牛に「ごめんよー」って声をかけてしまう。
それで牛が「いいよー」とは言うわけではないのだが。

はっきりいって牛って何を考えているのかさっぱりわからない。
それは酪農家さんでもそうらしい。
ならばこっちが、どーんと構えていなきゃいけないのね。
人が考えていることを勘繰りながら生きてきた身としては、手ごたえがないような、安心したような…。

そのうち牛で悟っちゃうかもね。


posted by ヨーコ at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何となく気になってまた来ちゃいました(^^;)
牛には気をつけてね。
私も牛が何を考えてるのかよくわからないけど、
牛に蹴られることはほとんどないですね〜。
キックノン(知ってるかな?)を使ってることもあるけどね。
Posted by カウベル at 2006年10月13日 21:28
カウベルさん
こんにちは〜いつもありがとうございます!
そう、いつもはキックストッパー(キックノンと同じ?)を付けているんですが、今回は後ろからだったんでノーマークでした(^_^;)
でも油断はいけませんね…。
最近はどの牛がどんな反応をするのかがわかってきて、うまくよけられるようになってきました(^-^)v
Posted by ヨーコ at 2006年10月15日 06:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。