2006年10月31日

見えるもの 見えなかったもの

CA320118.jpg
今日の朝焼け。
朝焼けは雨になるというが、天気はよかった。

北海道に来て、空が広くなった。
朝早くから仕事をするため、朝焼けを見ることができるようになった。
明かりの少ない町だから、星がたくさん見えるようになった。

ここにきて、初めて海からの日の出を見た。
ここにきて、初めてくっきりとした天の川を見た。
ここにきて、初めて月明かりでできた影を見た。

どれも首都圏ではまともに見ることができない。

当たり前にあるものなのに、今まで見えていなかったことが、ちょっと悲しい。
ここでは当たり前のものが見える。


posted by ヨーコ at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいヨーコさんの、正面から感じたものを言葉にできること、すごいうらやましいですね。

自分が北海道に当たり前のように住んでいることの中に、きっとたくさんの宝物があるんだろうな、それをいつも新鮮に感じながら生きていきたい、と感じさせられる日記でした。

トラックバックの、自動書込ソフトによる宣伝書込はウザイですけど・・
Posted by のん at 2006年11月02日 19:19
のんさんへ。
この地の宝物は、都会に住んでいる人たちがほかのものに惹かれて捨ててしまったもののように思います。
どちらを選ぶのかはひとの価値観によると思うけど、どちらも見れた私は、とてもありがたく思っています。
今、ここにきて、たくさんのことを考えられることに、感謝しています。
Posted by ヨーコ at 2006年11月05日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。