2007年09月20日

贅沢な日々

ハイパー三日坊主の私が、北海道にいた間、決して欠かさなかったことがあった。

それは、ヨーグルト作り。

実家で長年作り続けられているカスピ海ヨーグルト。
それをタネ菌として、小瓶に入れて持って行った。
農家さんからいただいた牛乳を沸かし、冷ましてからタネ菌を投入。
常温で放置しておけば、半日〜1日で、新しいヨーグルトができる。
それを毎日、朝ごはんとして食べる。
なくなったら、また新しく作る。

7月からは、さらにいろいろなものが加わった。

そのときの農家さん宅では、パイプラインとバルククーラー(牛乳を冷やすタンク)の間のホースに、残乳がかなりあった。
その量、およそ2リットル。
搾乳するごとに2リットルだから、1日4リットル。

バケツなどでバルクに入れるという方法もあったが、生菌数が上がるのを嫌って、やっていなかった。
子牛に飲ませるということもまれにあったが、初乳で足りてしまうことが多かった。
(子牛を育成牧場に預けてしまっているので、家には1、2頭しかいない)
つまり、廃棄されてしまっていたのだ。

そーれーはーーーんもったいない!!
ということで、しょっちゅうしょっちゅうその牛乳をいただいていって、せっせと加工品を作っていた。

まず、いただいてきた牛乳を沸かし、粗熱をとってそのまま冷蔵庫で静置。
半日ほどすると、上にクリームが分離してくる。
そのクリームだけをすくって、大きめのビンに入れ、保冷剤をあてがいながら、振る。
ひたすら振る振る振る。
すると泡立って、音がしなくなってくる。
それを、さらに振る振る振る。
あるとき突然びしゃびしゃびしゃっと音がして、よく見てみるとバターができて固まり、水分と分離している。
それを数回水で洗って、水を切りながら練る。

ほい、手作り無塩バターのできあがり。

次。
うわずみをとった後の牛乳は、少し脂肪分の少ないヨーグルトに。

しかしこのヨーグルト、毎回1.7リットルくらいできる。
さすがに全部は食べ切れない。
そこで、ザルにガーゼを敷き、そこにヨーグルトを投入。
そのまま冷蔵庫で3日。
量が1/3くらいになるまで水が切れたら、なんちゃってクリームチーズのできあがり。

そのときに出た水分は、乳清といってとても栄養のある水なので…。
利用できたらよかったなぁ。
そこまでは、手が回らなかった。

さらに初乳をいただいたら、お酢を入れて牛乳豆腐に。
レモン汁を入れてカッテージチーズに。
(牛乳豆腐とカッテージチーズは同じか?)
そのときに出るホエー(水分)は、甘くして飲んでみた。
これはおいしかった。
さすがに全部は飲めなかったが…。

その時に作ったものは、(ヨーグルト以外)冷凍して実家に持ち帰った。
バターは、ガーリックバターにしてフランスパンに塗り、軽くトースト。
美味!
なんちゃってクリームチーズは、ドレッシングに。
なかなかいける!
チーズケーキもいいんじゃないかな。
カッテージチーズも、サラダとか、お菓子に使えそうだ。

思えば、とても、大変、かなり、すっごく、贅沢な日々であった。
今、牛乳を買うのが、ちょっとくやしい…(笑)

PICT4895.jpg
モデル:W牧場の牛のあご裏
posted by ヨーコ at 23:23| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね〜。
まめですね。かあちゃんもやらなければいけないのですがなかなか重たい腰が上がりません。
Posted by みもりの里のかあちゃん at 2007年09月23日 12:26
おぉーっ!すごいですね、ここまで牛乳を利用してくれると、牛も喜ばしいはずです(^^)
遅れましたが、実習お疲れ様でした。
また機会があれば北海道に来てくださいね!
Posted by ケンゴ at 2007年10月03日 23:47
みもりの里のかあさま。
すごいでしょ♪
でもかあさまもいろいろやってらして、いつもあこがれちゃいます。
バターの作り方も、かあさまの記事を参考にしたんですよ!

ケンゴさん。
がんばりました。
牛、喜んでくれているのかな?
だとしたら私も嬉しいです♪
ついに帰ってきてしまいましたが、
もう北海道は私の庭なので(笑)
ちょくちょくおじゃましまっせ!
Posted by ヨーコ at 2007年10月11日 02:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。